COACH

チームサテライトを導くプロ選手たち。

  1. HOME
  2. コーチ紹介
  3. Team Satelliteさくら野火止・福岡 両代表|女子Aチームヘッドコーチ

太田茂

Team Satelliteさくら野火止・福岡 両代表
|女子Aチームヘッドコーチ

| プロフィール
現在、テニスの楽しさを普及させる為、一般スクールを横浜市に2校開校。
プロ選手及び、プロを目指す選手をサポートする。
チームサテライトにて選手指導。埼玉県にて関東、全日本ジュニアで活躍する選手育成及び、テニスを通じて国内外高校・大学への進学相談、海外アカデミーへの留学(短期・長期)等のサポートを精力的に行っている。
| 主な実績
・デビスカップ代表選手出場:4回
・全日本ランキング
  シングルス:6位
  ダブルス:1位
・全日本プロ
  シングルス:準決勝
  ダブルス:優勝
・全日本選手権
  シングルス:ベスト16
  ダブルス:ベスト4
| 沿革
・小学5年生の時、両親の影響でテニスを始める。
・中学3年の時、テニスの名門柳川高校へ。
・高校2年の時、更なる飛躍を求めアメリカブラデントンにあるニック・ボロテリーテニスアカデミーにテニス留学(現IMGアカデミー)
・ニック・ボロテリーにテニス留学中、アガシ、クーリエと約半年間同部屋にて生活を共にする。
・アメリカ大学に入学(ノースグリーンビルカレッジ)約半年間。
・大学を中退後、19才でプロ転向。
・28才で現役を引退。
・有限会社サテライトプランニングを設立。
・ダンロップアドバイザリースタッフとしてダンロップジュニアキャンプの立ち上げから約14年間プロジェクトリーダーを務める。
・武蔵野ドームプレーヤーズクラスヘッドコーチ、日本大学統括ヘッドコーチ、川越東高校コーチ、獨協埼玉高校コーチ等を歴任。
| 過去指導選手
・和田奈々
  全日本ランキング11位、国内大会優勝は10回以上
・尾崎真衣加
  インターハイ優勝、元ナショナルチームメンバー
・加藤茉弥
  元ナショナルチームメンバー、海外サーキット多数出場
・内藤陽子
  国内大会優勝5回以上
・細木祐佳
  全日本選手権ダブルスベスト8
・斎藤唯
  全国選抜個人準優勝、全日本選抜室内ジュニアベスト4
  インターハイ シングルスベスト4、MUFG シングルベスト4
  ニュージータンド国際ジュニア シングルス/ダブルス優勝、国内大会優勝3回
・近藤大基
  全国選抜個人優勝、インカレ シングルス優勝
・高西佑里江
  高校卒業後→日本大学→アメリカ大学に編入
| 過去の対戦相手
 ・アンドレ・アガシ 世界1位
 ・ジム・クーリエ 世界1位
 ・トーマス・ムスター 世界1位
 ・ステファン・エドバーグ 世界1位
 ・デビッド・ウィートン ウィンブルドン ベスト4
 ・マラビーヤ・ワシントン ウィンブルドン 準優勝
 ・ケビン・カレン ウィンブルドン 準優勝
 ・デビット・ペイト 世界TOP20
 ・エミリオ・サンチェス 世界TOP10
 ・トッド・マーティン USオープン準優勝
*アガシ、クーリエ、ムスターに公式戦シングルにて勝利。
| 戦歴
 全国中学2連覇
 全日本ジュニア
 14才以下ダブルス優勝
 18才以下シングルス、ダブルス優勝
 (対戦相手 松岡修造)
 全日本選抜室内ジュニアシングルス、ダブルス優勝
 インターハイシングルスベスト8、ダブルスベスト4、団体準優勝(S1で出場)
 全国選抜団体優勝(S1.D1で出場)
 オレンジボールダブルス優勝(日本人初)
 シングルス3回戦
 バナナボールダブルス優勝
 チリ国際ジュニアダブルス優勝
 コロンビア国際ジュニアダブルス優勝、シングルスベスト8
 ローレックス国際ジュニアシングルス準優勝(アメリカESPAにて放送)ダブルス優勝
 アジアジュニアシングルス準優勝、ダブルス優勝
 フレンチオープンジュニアダブルスベスト8
 ウインブルドンジュニアシングルス2回戦
 フレンチオープンジュニアシングルス2回戦
 ジャパンオープンジュニアシングルス準優勝、ダブルス優勝
 フィリピン国際ジュニアシングルス優勝
 香港国際ジュニアシングルス準優勝、ダブルス優勝
 台北国際ジュニアシングルス優勝、ダブルス優勝
 全日本ジュニアランキングシングルス1位、ダブルス1位
 アジアジュニアランキング2位
 ITFジュニアランキング最高位シングルス4位、ダブルス3位
 ITFジュニアランキング最終ランキングシングルス20位、ダブルス7位
 全日本ランキング最高位シングルス6位、ダブルス1位
 全日本室内シングルスベスト4、ダブルス優勝
 全日本プロシングルス準優勝、ダブルス優勝
 全日本選手権シングルスベスト16、ダブルスベスト4
 東海中日シングルス優勝
 関東オープンシングルス優勝
 デビスカップ代表選手出場4回
 フィリピン戦シングルス
 タイ戦ダブルス(清宮健一)
 韓国戦ダブルス(中野陽夫)
 インド戦ダブルス(松岡修造)
 ダンロップマスターズ$50.000ダブルス準優勝(松岡修造)、シングルスベスト8
 インドサテライトダブルス2週優勝
 オランダサテライトダブルス優勝
 南アフリカサテライトシングルスベスト4
 USオープン予選出場シングルス
 ATP最高位シングルス509位、ダブルス384位
著書(GAKKEN SPORTS BOOKS出版)
『太田茂のスウィング革命―あなたのテニスは間違っている!』
『太田茂のダブルス革命』